進学塾に通う目的

子供の学力が心配な親御さんにとって、「子供を進学塾に通わせる」という選択肢が頭に浮かぶことは必然でしょう。
しかし同時に塾に通わせるということに不安や心配を覚える人も少なくありません。
子供にとってそれが一番良い選択なのか、常に悩みはつきませんよね。
ところで塾には「学習塾」と呼ばれる塾と「進学塾」と呼ばれる塾がありますよね。
その違いは理解されていますか?今は学習塾に通っているけれど、進学塾は何が違うのと思う人もいるかもしれません。
まずは進学塾とは何かを説明していきましょう。

進学塾は受験対策を主に指導してくれる塾になります。
それに対し学習塾は主に学校の授業内容の予習復習を指導し、子供の基礎的な学力を伸ばすのを目的とした塾です。
現時点の学力の維持を考えるのなら学習塾の方が向いているでしょう。
進学塾では受験対策がメインなので学校の授業内容よりもレベルの高い内容の勉強をしていくことになります。
中学受験では小学校の授業で習わないような問題まで出ますし、難関大学を目指す学生は高校3年生になる前に高校での学習内容を終えて3年生になったら受験対策を行うというのが一般的です。
その為にも学校の授業内容よりも進んだレベルの進学塾に通うわけですね。

現在子供を塾に通わせようか考えている親御さんは、まずはその目的を明確にしましょう。
当サイトでは受験の為に進学塾へ通うことについて考えていきます。
受験に悩む方の参考になれば幸いです。



≪外部リンク≫
受験対策を主に指導してくれる進学塾、湘南ゼミナールのフェイスブックです > 湘南ゼミナール フェイスブック

Copyright © 2014 子どもを進学塾へ通わせるメリットは? All Rights Reserved.